toggle

瑞光殿について


瑞光殿は、円覚寺塔頭佛日庵の別院です。

北鎌倉駅のホームからも見える白い大きな建物は、もともとは「北鎌倉小瀧美術館」という美術館でした。1999年に開館した美術館は、日本におけるヴェネツィアンガラス収集の第一人者、小瀧千佐子氏が20年かけて集めたコレクションと、写真家・小瀧達郎氏の作品が展示されていました。

2005年12月に閉館後は少し改築を施し、2012年より株式会社明後日が運営する「北鎌倉ツドイ」という多目的スペースとして、各種講座やイベント、コンサートや結婚式などレンタルスペースとして活用されておりました。

現在は、佛日庵の別院として葬儀場として葬儀や法事のほかに、佛日庵主催の講座やイベントを開催しております。